「 テレビボード 」 一覧

夏休みの思い出(里帰りやレジャーや旅行の思い出)をサイト(形)にしてみませんか

夏休みの思い出をサイト(形)にしてみませんか? まだ夏期休暇の途中で写真や動画はだいぶ溜まっていることと思います。 それをSNSでシェアするのも良いですが時間が経ってしまうと見られなくなるのでもったいないと思いませんか? そこで自分だけのアルバムをサイトとして作ってみませんか? 「サイト作りなんてやったことがないし!」 と言われそうですがパズルゲーム感覚でサイトが作れてしまうと聞いたらどうですか? それも完全に無料で。 嘘と思うなら見てください。 本当に一円もかかりませんから(^-^) その後有料になるということも絶対ありません。 パズルゲーム感覚でサイトが作れてしまうと言いましたが詳しく言う… Continue reading

アーチ枠の魅力

アーチ枠 トイレをおしゃれに楽しくする Houzzの特集記事として"トイレをおしゃれに楽しくする壁紙の使用例"を書いているところで、その中でトイレは非日常空間と言いたいわけなんですが そこでの写真の一つにトイレの入口ドアの枠がアーチ条になっている施工例を取り上げています。 日本ではモダンな建物が多くなり、アーチ枠というものは見かけなくなって久しいのですがリフォームするときにトイレの入口だけをアーチ枠として非日常感を演出しても良いのかな?と考えているところです。 Houzzの特集記事は間に編集者が入っていますので、全ての写真がOKとなるとは限りません(^_^;) ですからここでその一枚だけ先に紹… Continue reading

"階段の安全性を高めるディテール"Houzz特集記事より

階段の安全性を高めるディテール Houzzの特集記事で階段の安全性ついて書いてみましたのでごらんください。 ↓ 階段は、ディテールを工夫することで安全性と安心感を高めることができます。Houzzの事例から、様々な配慮をしている階段を見ていきましょう。 階段にはいくつかの種類があります。ただ、一概に階段の種類によって安全かそうでないか、ということは言い切れません。 ここでは安全性を高めた階段のディテールと、それぞれのケースでどのようにして安心感を高めているかについて触れていきます。 続きはこちらでごらんください。↓階段の安全性を高めるディテールhttps://www.houzz.jp/ideab… Continue reading

フロートテレビボード特集、ステンレスキッチン特集(Houzz特集記事)

2019/08/03    

唐突ですがHouzz(ハウズ)で書かせていただいた特集記事(ウェブマガジン)をごらんください。 "リビングすっきり。フロートテレビボードを取り入れるヒント" リビングを広く、きれいに見せてくれる「フロートテレビボード」。Houzzで見つけた、浮いているように見えるこのタイプのテレビボードの実例と取り入れ方をご紹介します。 http://bit.ly/2KdPt2t "クールで機能的な調理空間を。ステンレスキッチンの種類と特徴" スッキリとクールな印象のステンレスキッチンのメリット・デメリット、バリエーションなどをご紹介します。 https://www.houzz.jp/ideabooks/11… Continue reading

「汚し部屋」の必要性

「汚し部屋」の必要性 昔お付き合いのあるインテリアコーディネーターのお宅におじゃましたことがあり、モデルハウスみたいな暮らしぶりに感心したことがありました。 「すごく素敵ですねぇ」「こんな住まいに憧れます」と確かに言われているらしく、設計士やインテリアコーディネーターのお客様が立て続けにいらっしゃるということで少々お疲れ気味の様子でした。 ですが、それ以上に気になったのが疲れの原因はお客様の訪問によるものではないという言葉。 「どういうことですか?」と聞くと「緊張が抜けない」という言葉が返ってきました。 それを聞いたときに「やっぱりなぁ」と感じ、おしゃれで綺麗すぎる家にこそくつろげるスペースが… Continue reading

その階段安全ですか?

家庭内の事故は階段が多いことは知っているはずなのに 最近の住宅はモダンであり鉄骨(スチール)階段が主流となっていますがハウスメーカーのモデルハウスを見に行くと必ずしも安全とは言えない階段があることに驚いています。 そこにいる案内係りの人もさほど気にしていないことにも驚いているのですが、デザインばかりに凝っていて安全性が失われているのであればちょっと考えものです。 なぜなら階段での事故がとても多いからです。 私のパートナーも階段を踏み外してあわやという怪我もしていますので他人事のようには見れなくなっています。 ところで鉄骨階段は手すりも含めて揺れると思いませんか? これも施工の仕方と設計の仕方で… Continue reading

リフォームの現場では想像通りのものになっていないというクレームは少なくない

なんだこりゃ お客様がリフォームを依頼するときにもっとも心配に思うこと お客様がリフォームを依頼するときにもっとも心配に思うことは希望通りの家になるかどうかです。 これは新築でも部分的な小さな修繕に対しても同じことが言えます。 結論から言うと、担当者によって大きく違ってきます。(そこが一番悩ましいところ) これは田舎の実家での話なんですが、リフォーム業者さんも限られているので選択の余地はありませんのでその担当者に家に来てもらいスケッチで希望を伝えたところ「分かりました」と言って帰っていったのでなにも心配はしていませんでした。 そして数日後に担当者が職人さんを連れてきて作業を始めたのですがスケッ… Continue reading

リフォームの営業担当者に「現場に行っていますか?」「現場は綺麗ですか?」と聞く理由

リフォームについては知識に溺れていては大切なことを見逃してしまいます 「現場に行っていますか?」 リフォームは営業担当者と職人さん、もしくは協力業者との関係性が現場に現れてきます。 これはリフォームに限った話ではありません。 お客様と直接打合せする担当者がどんなに親切でこと細かく説明してくれたとしても実際施工する職人さんや協力業者さんとの関係性まで見えないものです。 ですから私は家に訪ねてくるリフォームの営業担当者には必ず「現場に行っていますか?」と聞くようにしています。 するとこう返ってくるんですね。「分業体制がしっかり整っているので大丈夫です」と。 しかし分業体制がしっかり整っているので大… Continue reading

リフォーム会社の社員でも知らない情報

社員でも知らない リフォームはわかりづらくて不安!そこで失敗しないためのサイトを作りました(^-^) リフォームサイトは多すぎてどこに頼んだら良いかわからないものです。それはどのサイトを見ても失敗に触れていないからです。 おかしいですね、クレームが最も多いのがリフォーム工事なのに・・・ ではなぜリフォームにクレームが多いのかと言うと、普通の物販のように扱う傾向があるからです。 つまりまだ見ぬものを軽く考えて価格だけで比較してしまうからです。 確かに安ければ助かりますよ。 価格以上だと評判を呼んでいる会社も確かに多いのですが頼み方によっても変わるものです。 つまりリフォームで失敗するか成功するか… Continue reading

インテリアセンスは継続して磨かなきゃ身につかない「1万時間の法則」

「1万時間の法則」 これはインテリアに限らずどんな分野にも言えることで、初めてすぐ身につくということはありません。 「1万時間の法則」というものが有名ですね。 www.mag2.com 時間よりも質が大切 一方、時間よりも質が大切という記事も見かけるのですが www.lifehacker.jp 継続することで成し得ることがあまりにも多い モノづくりの世界においては継続することで成し得ることがあまりにも多い。 そこには効率的にとか質を考える前にどれだけの無駄を経験できるか、成功するまで諦めないという姿勢は継続してこそ身につくものだからです。 これはインテリアセンスについても同じことが言えます。 … Continue reading

はてなブログでアドセンスにサイト追加、わずか18記事で合格(2019年7月)

「お客様のサイトで AdSense 広告を配信する準備が整いました」 こちらのブログ(https://www.interior-update.com)は、はてなブログを使っています。はてなブログのurlはhttps://updatex.hatenablog.com/となっていますが登録と同時にはてなブログProに申し込み、独自ドメインを取りましたのでurlはhttps://www.interior-update.comになっています。 はてなブログProに申し込んだのはグーグルアドセンスを貼るため サイトの追加はwww付きではできない 転送設定でクリアー はてなブログProに申し込んだのはグー… Continue reading

私が営業をしない理由

私のモットー 私には営業することに当たってモットーがあります。 それは「営業しない」ことです。 でもホームページを作ったりブログやSNSの発信は毎日続けておりそのおかげで問い合わせも多くいただいているので、それならメールで営業しているんじゃないかと言われそうですがそこからが違うんです。 どう違うのかと言いますと、問い合わせに対してはすぐ返信をするのですが、そこからはこちらからは一切していません。 これは営業としては機会損失だということは充分分かっていますがあえて追いません。 理由は簡単です。 お客様は営業されることを嫌うからです。 たとえ機会損失したとしてもその考えは変えるつもりはありません(… Continue reading

ランディングページ(LP)作成ツール「サイポン」の実演動画

ランディングページ(LP)作成ツール ランディングページ(LP)作成ツール「サイポン」 ランディングページ(LP)作成ツール「サイポン」を使っている動画を撮ってみましたが詳細を伝えることが難しいため動作がわかる程度となっています。(早送りしています)あまり期待はしないでくださいね(^_^;) それだけ感覚的に使えるということなので選ぶテーマによってもページの雰囲気がガラッと変わります。 作ったサイトが気に入らなければすぐ作り直せば良いだけ。 無料枠は5ページまでとなっていますからけっこう遊べます(^-^) 1ページ構成のサイトなら5サイトまで作れるということです。 実演を見てください では実演… Continue reading

無料ホームページ作成ツールの衝撃!

無料ホームページ作成ツール ホームページ作りを経験していなくてもこのシステムを一度使えば、その簡単さがわかると思います。 "無料で、このクオリティーは神レベルです。" HPのような複数タイプのサイトだけではなく、商品販売や、集客にも使える1枚ものの縦長のページ(ランディングページ)も感覚的に使えるのでむずかしい知識は必要ありません。 パズルを組み上げるだけで作れます! 商品やサービスごとに、簡単にサイトを立ち上げることも可能です。 ↓ exp-t.jp プレビュー画面を見ながら作成できるので視覚効果の確認もわかりやすい! 今すぐご確認ください。↓ exp-t.jp 「この家のオーナーは幸せだ」… Continue reading

階段に手すりは両方必要。そのためにしなくてはいけないこと。

高齢者向けの住宅ということではなくいずれ高齢者となった時のことは考える必要があると思っています。 バリアフリーのことはいろいろありすぎますのでここでは階段だけを取り上げてみようと思います。 まず大前提として手すりが必要なのですがどの施工例も手すりは片側だけについていますがこれに疑問を感じたことはありませんでしょうか。 私は大いにあります。 確かに両方手すりを付けるとなると有効幅が狭くなるので片側だけにしていると自分は思いますが、高齢者にとってはとても危険なのです。 高齢になると脚から衰えてきます。ですからバランスを取るのは両腕ということになりますが階段に手すりが片側だけなら片手しか使えないこと… Continue reading

Copyright© TVボードオーダー専門【全国対応】 , 2019 All Rights Reserved.