建築会社様へ

 

お願い

 

お客様にとって住宅を新築またはリフォームをするということはたびたび経験するイベントではありませんので
このフロートテレビボードを『施主支給品』としてお扱いくだるようお願いいたします。

 

ハウスメーカー、建築会社、工務店様へご協力のお願い

ハウスメーカー、建築会社、工務店様のご協力があってこそお客様はお望みのTVボードをリビングに設えることができますので、何卒ご検討のほどお願いいたします。

①施工(取付)をお願いします

フロート式のTVボードの取付には建築の下地が欠かせません。
その打ち合わせをカワジリデザインとしていただきます。

下地位置及び取り付けの詳細図面はこのようなものです。

・サンプル図面(仮)
・サンプル断面詳細図(仮)
 

②施工に関する技術的な打ち合わせもしていただきます

取付の手順を説明した資料をお渡しし、 不明なところは工場の担当者と打ち合わせをしていただきます。

③施工後のアフター管理もお願いします

施工後の管理は家の点検時に同時にお願いします。 まれに起こり得るのは扉の調整程度です。
(金物の取り扱い説明書が付いています)
扉の破損などで扉を作り直さなくてはいけなくなった場合はこちらにご相談ください。

 

フロートテレビボードの概要

 

シンプルデザインを追求

家具は床に置くものが多いため、 家の中が狭くなったり家具の周りが雑多になったりと決してセンスが良いスペースとは言えないインテリア空間になりがちでした。 それを解決するにはと考え続けたときに 「テレビボードに脚はいらない!」という結論に達したのです。

 

提携工場のトップレベルの技術力

オーダー家具は作る職人の技術力によって品質が変わります。 このフロートテレビボードのシンプルデザインは提携工場のトップレベルの技術力で支えられています。

 

耐荷重実験では200kgを突破

テレビボードを浮かせても落ちたら何の意味もありません。 工場で耐荷重実験を行ったところ200kg以上という結果が出ています。

 

作品集

 

 

お問い合わせ例

お問い合わせ例

「私は○○と申しますが、クライアントからの希望で御社のTVボードを取り付けたいということでしたので、具体的にどのように取り付け工事をしたらよいか打合せをしたいのですが」
というものです。

このようなお問い合わせでしたら、工事の進捗状況も確認できますので、 一番確実でなおかつスムーズに事が運びます。

 

   お問い合わせ   

 

 

更新日:

Copyright© フロートテレビボード【全国販売】 , 2019 All Rights Reserved.