「iPhone+iOS 11」で花開くAR 表現のリアルさが秀逸

公開日: : 未分類

「iPhone+iOS 11」で花開くAR 表現のリアルさが秀逸

 2017年9月にリリースされたiPhone/iPad用の最新OS「iOS 11」では、さまざまな機能追加や改良が図られた。キーボードを左右に寄せる機能が追加されて片手でもタイプしやすくなったり、標準のカメラアプリでQRコードが読み込めるようになるなど、使い勝手が向上。さらに、Safariで閲覧しているWebサイトをPDFとして保存し、手書きでメモを加える機能や、アプリなどの動作の様子を動画で保存できる便利な新機能も加わった。

【関連画像】実際に販売されている有名ブランドの家具のデータを収録しており、ARの画面に配置できる

 地味ながら大きな改良の1つといえるのが、AR(拡張現実)に本格的に対応したことだ。背面カメラを通して写し出される現実の風景に、CGで描かれたバーチャルな画面が重ね合わせて表示され、CGで描かれたキャラクターなどがあたかも現実世界にいるような感覚で楽しめる。特に、iOS 11のARは現実とCGの位置合わせがとても正確でズレがなく、グラフィックスの表現がリアルなことが特筆できる。ARの対象機種となるiPhone(iPhone 6s以降)やiPad(iPad Pro、もしくはiPad 2017年モデル)であれば、基本的に機種による差がなく楽しめるのも特徴といえる。

 iOS 11では、AR対応コンテンツの開発を容易にする「ARKit」が開発者向けにリリースされたこともあり、ARを用いたアプリが続々とリリースされている。日本のソフトハウスも積極的にAR対応を図っており、すでに多くの人が利用している定番アプリにARの機能が加わったものも少なくない。ARが加わったことに気づかずにアプリを使っている人もいるだろう。そこで、日本産のARアプリ5種類をピックアップし、ARがどのような付加価値を生み出しているのかを改めてチェックしていきたい。

●降水量や雲の様子がARで鳥のように確認できる「アメミル」

 まずは「アメミル」だ。気象レーダーの情報をもとに降雨情報を表示するお天気アプリで、間もなく雨が降るとAIが予想した場合には「雨雲が近づいています」と通知してくれる。Apple Watch用のアプリもあり、「ゲリラ豪雨を避けられた」「傘を忘れずに済んだ」と評価の高いアプリだ。

 アメミルは、早くからアプリにARを取り入れたことで知られる。周囲の降雨状況を雨雲と雨のアニメーションで表示する機能を備えており、スマホを横にして左右に振るとどちらの方向で雨が降っているかが直感的に判別できる。

 iOS 11のARを生かした新機能「サテライトアイ」は、雨量のレーダー情報と雲の分布を重ね合わせることで、人工衛星や鳥のような視点で自在に降水量や雲の様子が見られる。テレビの天気予報のように降水量の累計も棒グラフで表示されるので、ゲリラ豪雨や台風が発生しやすい夏季は防災に役立ちそうだ。




一戸建てリフォーム専門
インスタ集客ノウハウ





スポンサーリンク







CADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)



TOP ↑