家庭用ロボットが、「車輪付きタブレット」のような見た目になったワケ

公開日: : 未分類

家庭用ロボットが、「車輪付きタブレット」のような見た目になったワケ
タブレット端末に車輪が付いたようなロボット「Temi」は、家のなかから声で呼び出せば、どこからでもあなたのもとにたどり着く。米空軍向けの経路探索技術を駆使したというロボットは、なぜこのような奇妙なかたちになったのか。

手触りから弾力、温感まで正確に認識できる「ロボットの指先」

イスラエルのロボットメーカーRoboteamのヨッシ・ウルフは、自身が手がけた最新モデルを「ロボット」とは呼びたくないという。ロボットという単語から人々が思い浮かべるのは、例えば顔が付いていて、人格みたいなものまであるSF的な物体だ、と彼は話す。

「Temi」は違う。ウルフはタブレット端末に車輪が付いたようなこの移動式ロボットが、一般家庭で使われるようになると期待している。

彼にはもちろん、ロボットについての知識がある。彼の会社は長年にわたり、軍事用ロボットを生産してきた。危険地帯で砂の上を走ったり、岩を越えて爆発物を処理するような全地形ロボットだ。そしてウルフはいま、これまでの経験をTemiというかたちでリヴィングルームにもち込もうとしている。 Temiを手っ取り早く説明するなら、アマゾンの画面付きスマートスピーカー「Amazon Echo Show」の移動版だ。Temiは、Roboteamが米空軍向けに開発した経路探索技術を駆使して、家のどこからでも呼び出せば、あなたのもとにたどり着く。

顔認識システムでもち主を見分け、グーグルの人工知能ツールに接続してGoogleアシスタントのように機能する。家のなかを歩き回りながら、ハンズフリーでヴィデオチャットをしたりテレビを見たり、音楽をかけたりすることも可能だ。

ウルフは友達のような機械をつくる気はない。Temiはヴィデオチャットや音楽再生を目的に設計された。例えば、おばあちゃんとヴィデオチャットがしたいとき、Temiは音声認識機能でほかの誰でもなく、あなたのおばあちゃんに電話をかけ、顔認識プログラムであなたの顔をフレームに収め、あなたの声がおばあちゃんにきちんと届くようにする。

Temiは現状ではテレプレゼンスロボット[関連記事]に近い。開発チームは将来的には、Temiを動かすAndroidベースのOSを公開し、オープンソースで面白い機能を追加できるようにしていく方針だ。

Temiのスペックを見てみよう。高さは3フィート(約91cm)で、4つの小さな車輪で動く。業務用掃除機を思わせるベースと細くカーブしたボディーの上に、10インチのタブレットが取り付けられている。バッテリーの駆動時間は8時間で、Wi-Fi、LTE通信、Bluetoothに対応。PepperやKuriと違って、目もなければ人間っぽくも見えず、外観はどちらかというとマッサージ用の台か可動式のスタンディングデスクのようだ。





一戸建て格安リフォーム
リフォームサイト比較


Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

TOP ↑