住宅ローン破綻経験者が語る! ほとんどの人が暗示に掛かった注意したい言葉

公開日: : 未分類

住宅ローン破綻経験者が語る! ほとんどの人が暗示に掛かった注意したい言葉


近年、住宅ローンの返済ができなくなり、せっかく手に入れた念願のマイホームを無念にも手放す人が増えています。

【マイホーム購入】間違うと大損! 宅建士が教える「子育て世代」世帯別・ベストなタイミング

住宅ローンの総返済額や月々の返済額、そして資金計画などについては事前にしっかりと説明を受け、納得の上で購入しているはずなのに、なぜ破綻してしまうのか。

もともと人生は思い通り(計画通り)にいかないものですが、生活費や教育費など思わぬ出費が増えたことだけが原因でローン破綻してしまうのでしょうか。

そんな中、筆者が不動産売買の現場でローン破綻した人と接しているうちに見えてきたことが1つだけあります。それは、ローン破綻者の多くが購入時に何気なくあることを聞かされていたということです。

それはまさに暗示と言える不思議な言葉ですが、果たしてその暗示に掛かった言葉とは?

今回は、住宅ローン破綻した人の多くが購入時に聞かされていた「暗示に掛かった言葉」について宅建士の筆者がお伝えします。

住宅ローン破綻する人のほとんどが「気にしていないこと」

「持ち家か賃貸か」についての議論はインターネット上でも様々な意見が飛び交っていますが、どちらが良いかについては毎月の家賃やローン返済額で比べる人は多いものです。

例えば、現在の家賃が10万円であった場合、ローン返済が8万5千円、管理費と修繕積立金が2万円のトータル10万5千円なら、違いはたったの5千円。その程度の違いであれば、将来的に自分の資産になる持家を選択する人は多いですね。

保険も同じように、保証内容が同じならば、掛け捨てよりもいざと言う時に解約返戻金が出る保険の方が良いと判断する人は多いでしょう。

このように、居住費や保険は、比較検討する際に多くの人が「毎月の支払額」と「資産性」を基準に判断しているのが現状です。

その証拠に「家賃はいくらですか?」「保険料はいくらですか?」と尋ねるとだいたいの人が即答できますから、ランニングコストは重視していることが分かりますね。

しかし、「返済が終わるのはいつですか?」と尋ねるとほとんどの人が明確に答えられません。住宅ローンであれば「75歳でしたっけ?」といったような曖昧な答えが返ってきます。

つまり、住宅ローン破綻する人のほとんどが「完済日を気にしていない」現状があるのです。

定年退職後もローン返済が続くことへのリスクは分かっているはずなのに、なぜ完済日をあまり気にせずローンを組んでしまうのか。

そこには、購入時に何気なく聞かされた「暗示に掛かった言葉」が潜んでいるのです。

住宅ローン破綻者が語る!購入時に聞かされた暗示に掛かった言葉とは

では気になるのが、多くのローン破綻者が購入時に何を聞かされているか、ということですが、破綻をしていなくても、現在住宅ローンを払っている人であれば、一度は聞いたことがあるかもしれません。

その言葉とは「途中で繰り上げ返済をすれば完済できます」や「退職金で完済する人がほとんどです」というものです。

「繰り上げ返済」や「退職金」という言葉を聞かされると、多少無理のある返済計画でも「何とかなるかも」と思ってしまいがちです。

更にこのような言葉は「みんなもそのようにしてローンを組んでいるから大丈夫」だと錯覚してしまうような不思議な感覚に陥ってしまいます。

しかし実際は、どのタイミングでいくらを繰り上げ返済するのか、そして退職金は出るのか出ないのか、出るならいくら出るのか、そういったところが購入時点では不明なのです。

繰り上げ返済は計画的に返済に充てる資金を貯めていかなければ実現しませんし、退職金も出なければ65歳の定年後、数年から数十年もの間、収入は年金しかないのにローンを払い続けなければなりません。

冷静に考えればそれがどれだけ大変かは深く考えなくても分かるはずなのに、何気なく聞かされ安心し、購入に踏み切ってしまうのは極めて危険だと宅建士である筆者は感じます。

何とかなるか分からないのに「何とかなる」と思ってしまうところが、「途中で繰り上げ返済をすれば完済できます」や「退職金で完済する人がほとんどです」といった言葉は、まさに暗示に掛かった言葉と言えますね。

見えない未来をアテにしない!

このように、住宅ローン破綻者の多くは購入時に暗示に掛かった言葉を聞かされていたことが分かります。

「余裕が出た時に繰り上げ返済」と考えていては、「子どもの教育費が掛かるから今は無理」「車を買うから今年は無理」など、何かと理由をつけて返済を後回しにしてしまいがちです。

さらには、これから給料も上がらないのに、生活費や教育費が嵩むばかり。余裕資金なんてどのタイミングで生まれるかなんて全く分からないという状態で、いつ繰り上げ返済ができるというのでしょうか。

また、「退職金が出た時に繰り上げ返済」という考えは、そもそも出なかったらアウトです。仮に出たとしても期待できる金額ではなかったり、定年後の生活を考えた場合、退職金を繰り上げ返済に充てることは難しいでしょう。

さらに定年を迎える頃には建物も老朽化していますから、リフォームや修繕のための費用も必要になります。これでは尚更、退職金を繰り上げ返済に充てることは難しくなりますね。



これからマイホーム購入を考える人は、今回ご紹介した通り、暗示に掛かった言葉に要注意ですが、「繰り上げ返済」や「退職金」を当てにして既に購入してしまった人は、今後の返済計画を現実的に見直す必要があるのではないでしょうか。

月々の返済額は一番気になるところでしょうが、それと同じくらい重要なのは「完済日」です。理想は定年退職と同時に完済ですが、そうもいかない場合は、破綻しない方法をFPなどの専門家に相談してみると良いですね。

子育て世代が住宅ローン破綻に陥ることがないよう、心よりお祈りいたしております。

 











関連記事

女性の一人暮らしに大活躍のインテリア10選! あると便利なアイテムをチェック

女性の一人暮らしに大活躍のインテリア10選! あると便利なアイテムをチェック 女性にとって

記事を読む

1度はここに泊まりたい!フォトジェニックな韓国ホテル [FRaU]

さくっと週末に遊びに行くにはぴったりのお隣の国、韓国。鉄板のおいしいごはんを食べて、お買い物をして

記事を読む

おしゃれなウォーターサーバー? いいえBluetoothスピーカーです

おしゃれなウォーターサーバー? いいえBluetoothスピーカーです  ゆるやかにカーブした

記事を読む

3位人間関係が悪い! みんなの「仕事に対する不満」圧倒的1位はやっぱり…

3位人間関係が悪い! みんなの「仕事に対する不満」圧倒的1位はやっぱり… あな

記事を読む

同じ部屋に長く住み続けると、家賃を下げてもらうことはできる?

新築で買った家も、10年もたてば価値は大きく下がるといわれています。でも、それは持ち家に限らず「賃

記事を読む

あの人のお宅拝見[4] 30代ワーキングママ、憧れのライフスタイルを実現する住まい

あの人のお宅拝見 30代ワーキングママ、憧れのライフスタイルを実現する住まい お宅拝見シリー

記事を読む

時間と体力と覚悟が必要!「セルフリノベ」のリアル【団地リノベ完成しました!前編】

時間と体力と覚悟が必要!「セルフリノベ」のリアル【団地リノベ完成しました!前編】  

記事を読む

no image

フローリングのリフォームとしましては…。

「バスルームの床が滑って怖い」、「擦っても汚れが落ちなくなってきた」と言うのであれば、そろそろ浴室リ

記事を読む

「ほうき」人気の理由は、クラシックな見た目と現代の暮らしにも合うところ

「ほうき」人気の理由は、クラシックな見た目と現代の暮らしにも合うところ    騒音

記事を読む

no image

液晶テレビ11万台リコール=転倒の恐れ―パナソニック

 パナソニックは13日、国内で販売した液晶テレビ計約11万台について、テレビ本体が転倒する恐れがある

記事を読む

脚が無いTVボード







木製キャビネットのおしゃれラジオがWi-Fiに対応!Tivoli Audioの『Model One Digital』

■Introduction Tivoli Audioと言えば、スタ

好きなものに囲まれて暮らしたい。築43年のマンションが“住宅兼ギャラリー”になるまで

好きなものに囲まれて暮らしたい。築43年のマンションが“

no image
液晶テレビ11万台リコール=転倒の恐れ―パナソニック

 パナソニックは13日、国内で販売した液晶テレビ計約11万台について、

no image
「お風呂の床が滑りやすくなった」…。

願っていたマイホームをゲットできたとしても、住んでいくうちにあれこれ費

no image
フローリングのリフォームとしましては…。

「バスルームの床が滑って怖い」、「擦っても汚れが落ちなくなってきた」と

→もっと見る

TOP ↑