TVボードの提案:断面図の重要性

公開日: : TVボード, ディテール, 家具データ

 

 

TVボードの提案をするときには

 

初めからしっかりと図面を書く事はせず、
お客様が見てわかりやすいスケッチから
はじまり、図面もわかりやすいものにとどめます。


そして幾度もの変更を経て

正式な図面を提出し、承認をいただいているわけです。

 

 


さて

ここからが本題です。

 

TVボードを作り慣れている工場では
展開図と平面図があれば後は必要が無いということも
あるでしょうけど、

 

本来であるならば、
断面図は絶対付けておきたいところです。

 

なぜなら

k-designのTVボードは

フロート式のものが多いので、
しっかりとした製作が求められるからです。

 

 

住宅の図面も

平面図と展開図とありますが、

やはり
詳細が分かる矩計図(かなばかりず)があれば

さらに詳細についての確認が取れるものです。

 

何よりも

工場や現場の理解力が増しますので
施工の間違いを未然に防げたりもします。

 

 

ですから

家具においても、
正確を期すなら

断面図を正確に書くことをおすすめします(^-^)

 

 

*しかし参考になる家具の図面を探せなくて困っているので
あればぜひ以下の資料の詳細を確認してみてください(^-^)

 

 

 

断面2

 

 

 

 

 

↓お問い合わせが多く、よく読まれています。

 

システムキッチンやインテリア家具の設計と施工をk-designチームに依頼することのメリットとデメリット

 

システムキッチン|依頼の手順

 

 

家具、キッチン設計資料(CADデータ集)

 

イベントの集客に役立つかも知れません(^-^)

 

 

 

 

 

 





一戸建てリフォーム専門
インスタ集客ノウハウ





スポンサーリンク




Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です




CADデータ集(TVボード、スチール階段、アイランドキッチン)



TOP ↑