工場見学の面白さ

公開日: : 造作家具

出来上がった家具の魅力と同じくらい 製作過程に魅力を感じています。 特に 塗装待ちの家具の木目というのは なんとも奥ゆかしいものです(^_^) そして その匂いが充満している工場、 そして細工に最新の注意を計っている職人さんの 姿にも感動を覚えています。 当然 工場側にとっては多少迷惑?(^_^;)   そうそう、 工場に行ったからといって完成品がそこにあるというわけでは ありません。 パーツの状態としてそこにあるわけですから どう組み上がるかが分かっていなければ 面白さも半減するのかも知れないですね。 ですから お客様を工場に案内する時は 出来るだけ組み上げてもらうよう頼むこともあるんですよ(^_^)   ↓製作途中のテーブル      





関連記事

家具の形は建物に合わせて変えるべき

  家具はショールームにあるものだけだと思っていませんか?いくらセンスの良い家具であって

記事を読む

ダンパー内蔵丁番

最近の扉金物もどんどん進化しており 以前は別売りのダンパーが必要だったものが 丁番に取り付けれる

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

脚が無いTVボード







不動産業界タブー「おとり広告」が大量摘発……家購入、契約前に絶対すべきことリスト

不動産業界タブー「おとり広告」が大量摘発…&helli

狭い部屋に効く、ニューヨーク風リノベのアイデア [FRaU]

NYの住まいは狭いのになぜかとてもおしゃれに見える。そのヒミツを、海

80平米でここまで可能!アンティーク家具が主役のリノベ [FRaU]

都市部で家を探す際、絶大な人気を集めるコアゾーンが50平米~80平米

流行のシンプルリノベ「選ぶべき床の素材は?」 [FRaU] (講談社 JOSEISHI.NET)

流行のシンプルリノベ「選ぶべき床の素材は?」 (講談社 

60平米でここまで出来る!居心地よい自宅兼教室を叶えたリノベ [FRaU]

60平米でここまで出来る!居心地よい自宅兼教室を叶えたリノベ (講談

→もっと見る

TOP ↑